不倫をする理由と対処方法

不倫をする理由

不倫をする理由には、「快感を得たいから」ということや「心が安定するパートナーが必要だ」などがあります。

しかし、それなら不倫ではなく、そもそも「結婚」に近い意味合いになってしまいそうですが・・。

結婚以外に相手を求める人は、なにもテレビの芸能人だけではなかったみたいですね。

そしてまた、「不倫」ということが成功してしまうと次から次へと「不倫」に走ってしまう人も多いということです。

世の中には「似たもの同士」という人たちが意外にも多いということで、「おなじ穴のムジナ」ではありませんが意気投合してしまって、「快楽を好む男性は快楽を求める女性」に心が向いてしまうということがあります。

それは男性に限らず「どうすればモテルか?」「どうすれば気持ちを向けさせるか?」ということを日々追求している人たちが「本業」のようにして、なにもかもを自分のものにしたいと狙っているということです。

それはもう「人間性」ということよりは、見ようによると凄まじい「本性」のようなもので、もちろん周りの目を気にするところなどみじんもありません。

また、それに加えて「時代」ということもあって、周りを見渡すと誰もかれもが、カップルになって「自分もしていいのでは?」という錯覚に陥るということですね。

それはまったく「罪悪感」のかけらもないということです。

これでは、興信所で探偵を雇って不倫調査に走る夫や妻というのも、パターン化することが多くなってくるのも当たり前ですよね。

昨今の不倫の増加は、不倫に関して正当性を勘違いしている人が多くなってきているからかもしれません。

困ったものですが最終的に精神的、金銭的にも痛い思いをするのは不倫をした張本人なわけですよ。

よくある不倫のケース

ところで不倫のケースとしては、いろいろな形で発展することが多いですが、「偶然の出会い」からの不倫に発展するということは意外と少ないです。

そういうことでパターン化した「不倫のケース」というものを把握することで、早期発見することで精神的苦痛などからも逃れられるということはあります。

それで、安静の不倫のパターンというものでは「単身赴任している場合」「定期的に訪問する場所がある」と言う場合は男性が「妻から遠のいた」ということで「独身気分にかえってしまう」という男性は多いということですね。

その中でも多いのは「水商売」の人というのが多く、2番目には訪問先や仕事関係の人間だということが多いということです。

遠方に出かけた場合の不倫予防では「携帯電話」でこまめに連絡するとか、「寂しさに魔が差す」ということがないようにして予防することが大切です。

そしてそんな場合の夫の態度には、「ウキウキ気分」ということや滞在先など「細かく教えてくれないことが多い」など。

また、仕事がらみの不倫の場合には、「家にいられない程忙しい」ということで家庭と仕事が逆転してしまった時などのこと。

家にいるのが「ツライ」ということがあって、「仕事場の方がよっぽど落ち着ける」というのもあるのかもはしれませんよね。

その場合、同僚・上司・後輩などが相手だということです。

また、最近では「もとさや不倫」などというものがあり、これはバツイチの場合で前の配偶者に未練がある場合です。

不倫のパターンもいろいろあるわけですが、そんな場合、探偵を雇うことで不倫調査をしてしまうとモヤモヤとした自分の気持ちも晴れてくるということでしょう。

不倫の状態による対処方法

不倫にもいろいろなパターンがありますので、その場その場で対処方法が違ってくるということはあります。

「出来心」「恋人のよう」「守ってあげたい」など、その対処方法で「夫婦関係」を壊さないで済む場合もあるということですね。

それは「出来心」ということで、「風邪をひいたような不倫」ということもあるでしょう。

それで家庭にも支障がなければ「知らないフリをしてあげる」ということも必要ですが、たいがいの場合には衝突してしまうのが毎日おなじ屋根の下に住んでいる夫婦であるということです。

不倫調査を依頼

そんな場合、夫が「家庭を大事だと思う」か、それよりも「理性を失って女性へと走るか」ということで、これは男性というよりも人間性がそのまま出てきてしまうので、できれば衝突のないように調査会社に相談をして「知らないフリ」を気取るのがいいということもあります。

また、その後も隠れるように不倫に走っているのであれば、「もう、我慢の限界とばかり実家に帰る」ということもあります。その場合の夫の態度を見ると「ショック療法」になったか、「まったく効果がなかったか」ということを見極めるということもできるでしょう・・。

しかし、これが「本気の不倫相手」の場合には、どうすればいいかということですね。

重症だということを見極めるには・・と考えがちですがその場合、逆効果としてでてくる場合もありますので注意が必要です。

「結婚当時の初心にかえる」とか、素行調査をして「敵を知る」ということも一応考えてみますが、一度独身時代にかえってしまった夫の心を取り返すのは、容易なことではないということですね。

結婚当初の自分たちの写真を取り出してみても、夫に「鼻で笑われる」ということや「敵を知る」ということでも居場所も性格もわからないままでは、まったく雲を掴むような話で一番難しいポイントではないかと思うのです。

そんな場合、探偵を雇って「夫の不倫調査」をすることで、夫にとっての相手の存在の意味というものを知ることができるということです。

大切なことは状況を知り正確な対処をすることと考えられるのではないでしょうか。

不倫問題は感情に任せて焦りや勢いで動いてしまっては、悪い方向に向かうばかりです。

悪い方向については貴方自身にも不利益を被る事も出てきます。冷静な判断で不倫調査を実施する事をお勧めします。

相談は無料でできますので、インターネットなどで探偵事務所を探してみてはいかがでしょうか。きっと貴方自身に合った探偵事務所に出会えるはずです。

時間はかかるかもしれませんが、最初にご自身にあった探偵事務所を選べるかどうかはかなり重要です。

性質の悪い探偵などを選んでしまった場合、良い結果が得られないどころか料金ばかりがかさんでしまうことになります。必要以上に調査を長引かせる探偵も中には存在するからです。

言っていることがおかしいなど、怪しげな探偵だった場合は絶対に依頼はしない方が良いです。不倫もされて探偵にもひどい目にあうなんてのは絶対に嫌でしょうから。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする